浮気調査を実行する前に確認せねばならない事

浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。それは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。不倫相手の存在が確かになれば次にすべきことは、浮気相手の特定です。主にパートナーの尾行を中心として、怪しまれぬよう監視を続け、不倫相手の正体を確認するのです。探偵が行う浮気調査でも失敗したりするようです。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、失敗しない保証が全くないとは言えません。相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。それに、浮気調査実施中に不倫相手と密会しない場合には証拠入手が困難です。尾行料金の相場はと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。当然ですが、調査員の数が少なければ安く、増えるほど高くなります。そして、尾行時に車やバイクを使うと、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、要確認です。離婚を覚悟の上で、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは大きい揉め事の原因になりうるので、止めておきましょう。信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。信頼できる人が同行できないときは、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。探偵が何もミスをしなくても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーに気づかれてしまって、証拠を残さないようにし始めたりして、失敗してしまう場合もあるでしょう。浮気調査を探偵に依頼しても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、調査を始める前に決めておくことが大事だと言えます。あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、2人で調査することが多いようです。ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、浮気が確実かどうか、調査員が1人で大体の場合は行います。もう一度計画を練り直して調査の方法や人数などを決定します。どのような行為をしているか記すことで浮気を実証できる場合もあるのです。普通は、人間の一日一日の行動にはパターンができてくるものです。しかし、浮気すると、動きの法則性が変化してきます。変わった時間帯や曜日が断定ができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に装着して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在いる場所を把握したり、時間のある時に、データを取り出して調べたりします。車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。そうすれば、相手がどこに行ったのかや滞在した時間も割り出すことができるでしょう。格別違うところが無いと言っても言い切れます。共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、同じような仕事内容です。しかし、違いをあげるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。レシートとかクレジットカードを見ると浮気の証拠をみつけることもできるかもしれません。まず、普段は入らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを目にすることが多くなったら、その近辺に普段から何回も行っている事になります。そこで逃さず見ていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>人探し専門の探偵さんは、浮気調査の探偵さんといくら違うんですか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です